車の名義変更の代行では3万円は徴収される

車の名義変更の代行では3万円は徴収される

車の名義変更の代行では3万円は徴収される

車を売る時には、必ずと言って良いほど名義変更が行われます。車の持ち主が変わる訳ですから、変更が生じるのも当然ですね。
ところで業者にその手続きをお任せするとなると、たいてい費用がかかります。無料とアピールされていても、実際には費用はかかっているのですね。

 

名義変更の代行費用は基本的には3万円

 

では名義変更の手続きの為の費用はどれ位かかるかというと、全体的に3万円前後になっている事が多いです。それは売却方法問わず、3万円という状況なのですね。
例えば車の売却方法の1つに委託販売がありますが、あれで名義変更をする時にも手数料は徴収されるのです。ある業者の場合は、その変更手数料を3万円とアピールしています。
またオークションの代行の業者を用いて、車を売却する方法もあるでしょう。あれも実は、ほとんどの業者は3万円前後になっているのですね。
ですので変更の手続きにかかる費用は、基本的には3万円と考えて良いでしょう。

 

買取店での名義変更の料金は無料ではない

 

ところで車の買取店は、その名義変更の費用を無料とアピールしている事がとても多いです。各業者の公式サイトを見ても、手数料が無料と明示されている事が多々あります。
しかし実際は無料ではありません。無料のように見えるのですが、実際は天引きをされているのです。
例えば車の買取専門店による売却金額が、32万だったとしましょう。しかし実際には、3万円が差し引かれた結果32万になっているのですね。
つまり本来は35万で車買取店に売却をしているのですが、上記の名義変更の手数料を差し引いた分が、32万という数字になっている訳です。買取店はその辺りをあまり明らかにしてはいませんが、確実に徴収されている訳ですね。
ですので車買取店よりは委託販売やオークション代行の方が、名義変更に関する透明性は高いと言えるでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ